コッチョの言いたいこと置場

言いたい放題なヤベー奴が運営する自由なブログ

美術部をやめた理由

どうも。タイトル通りでございます。 学年が上がると同時に、部活へ存続するかしないかを決めねばならなくなりまして。 一年の頃は義務感で美術部に入り、「同じ趣味の絵仲間ができる!」と張り切ってたんですがね。差を感じて、幽霊部員になってしまっていたんで。 まずですね…言い方は悪いかもしれませんが、やはり絵を描く女子学生ってのはオタクが多いんですよ。 うちの美術部はとにかくオタク女子が多く、もはやアニメ…

当ブログの命名理由

当ブログの題名がなぜ「言いたいこと置場」なのか。 暇なんでそれについて書きます。 当ブログは、有名になりたいわけではございません。 誰かに見てもらいたいものでもないです。 自分が楽しむためだけに、このブログを書いているのです。 てか別にお金が入ってくるわけでもあるまいし、有名になったとしてもテレビに出られるわけがなければ、誰が見て得するでも損するでもないですし。 命名の理由としてはですね、なんか…

一人熟考:最初にするべき教育について

どうも、カラオケの開店時間から夕方まで歌いっぱなしでした。 ちなみに深く思い出に残っていることは、母が歌った「Give Me Love」という曲の始まり方がどうしてもドラクエ戦闘曲の導入にしか聞こえなかったことです。 それと今日、十代前半を終えました。つまり15歳になったわけです。イェーイ。 ということで、今回の議題は「現在の自分が言葉の意味以外の記憶を全てなくしたら、何から教えるか?」。 つま…

一人熟考:死刑について

この記事は議題について誰に物申すわけでもなく、自分一人で意見をかき集め、全体的に見て考えよう!といった趣旨の内容です。 議題は「死刑について」。 最近言い争ってる現場を見て気になりましてね。 えー、まず死刑についてそんなに詳しくないので調べたところ…何年か前に国連が「冤罪で死刑が執行されたらどうすんねん?死刑が犯罪を抑えられるかの確かな効果も証拠もないやんか」と、死刑廃止を死刑制を導入している国…

人権について2

はい。もうシリーズ化しましょう、これ。 あくまでもメモですがね。 以前ふわっっと人権について思うことを書いたと思いますが…あの記事でマイナスイメージがついてしまった方もいらっしゃることでしょう。 まぁ実際本当にそう思うことなんですけどね、でもやっぱ人権って大事なものでしてね。 思考はまず掘り下げることから始めましょう。 ただ、いかなる権利も法の下で限度が決められているということを前提として頭に入…

ニューディール政策

世界大恐慌によっていろんなものが大暴落!世界各国も大ピンチ!これはヤバいのでそれぞれ何かしらの対策を練らねばなりません。 発端となったアメリカで、当時大統領だったフランクリン・ルーズベルトが考えたのは「ニューディール政策」。 めちゃくちゃに噛み砕いて言うと「政府が企業らの生産率調整しますよ」という感じ。 この記事では、そのいきさつについてメモします。 1929年に始まった恐慌は、1930年代に入…

第一回!家内に物申そう!!

最近、父親と言い争うことが増えています。 父は昔ながらの頭がお固い否定しまくりテンプレ人間で、例えるなら…サザエさんの波平みたいな人です。 といっても議題は「人の心を掴むのはどんなものなのか」とか「常識のあれこれ」とかの便所のネズミに匹敵するほど役に立たないものなので別に気にならんですけど。 気にはなりませんが、否定されると気持ち悪いじゃないですか。 ということで、「日頃否定され続けとる自分の思…

苦手なことを続ける方法についての持論

たまには雑談でも挟もう。持論でもどうぞ。 今やっている歴史は暗記科目の一種なんで、実は苦手です。 自分は記憶力が底なしに浅く、やろうとしていたことも忘れるような認知症レベルなので本当は苦手なハズなんですけど…どういうわけか歴史には興味が湧いてきています。 最初の記事で、趣味は絵を描くことと動画視聴することって言ったじゃないですか。 以前から気になっていた戦争ゲーム…もとい陣取りゲーム「Heart…

世界恐慌の際にフーヴァー大統領が取った政策

ここではニューディール政策の前に行われた、あまり重要ではないけど面白い政策についてメモします。 さて、初めに取られた政策は約翌年の1930年です。 なんで株価が大暴落したときに、すぐに対策を打ち出さなかったんでしょ? 実はその時のフーヴァー大統領は、「こんなん一時の不況やからそのうち回復するやろ」と考え、自身のいた共和党の「自由放任主義」という方針を守りました。 そのため対応が遅れたのだと思いま…

世界大恐慌

発端となったのはアメリカのニューヨーク。1929年10月24日、AM10:25。株式市場にて、かの有名なゼネラルモーターズの株価が80セント値下がりしました。 芋づる式で他の株価も大暴落、株式関係者が約11名ほど自殺したこともわかり、それも手伝ってアメリカの株は下がる一方!そのまま広がり世界は大混乱! なぜこんなことになってしまったのか? それはヨーロッパを戦場とした1914~1918年の第一次…